医学部受験予備校「レクサス教育センター」まとめてみた

レクサス教育センターの「夜間個別指導」とは?

学習目標

レクサス教育センターではどのような学習が受けられるのでしょうか。

レクサス教育センターは、特に英語と数学の学習に力を入れているようです。
この2科目の学習目標や内容を調べてみました。

レクサス教育センターの数学

数学

数学の学習目標は、基礎力の定着と反復練習だそうです。
数学は人工的な言語です。完全性があり美しい体系を持ちます。

受験数学では、「難問ばかりを解いてしまうこと」と、 「分かった気になること」という2つの落とし穴に嵌ってしまわないよう 気を付けて生徒を指導します。

1つ目は意外と数学が好きな方が嵌ってしまいがちです。 好きな強化なので、もっと力を付けようとするのでしょうが、 難しい問題ばかりを解いてしまうと、学習分野が偏ってしまいます。

また、数学の学習に時間をかけすぎるあまり、他の科目の学習が不十分になる方がいます。
難問は入試であまり出題されないから難しいのであり、基本をおろそかにしないような学習を心がけましょう。

2つ目は基本的な概念や知識が不十分であるのに、解き方ばかりを覚える学習をしている方が陥りやすいです。 この方法では、分かった気分になりますが、本当の実力はつきません。したがって、 時間をかけても力が伸びません。

夜間個別指導では反復して練習し習熟度を高めます。 その後、毎週のテストで定着したかどうかを確認します。 さらにテストの復習をしっかり行います。 このような学習を繰り返し行うことで、基礎力がつきます。

その結果、基本的な問題の取りこぼしを減らし、難問を考える応用力をつけることができる、と謳っています。

レクサス教育センターの英語

英語

英語学習では、文法、語彙力を伸ばすと同時に長文を読解する技術をつけさせる ことを重視しているみたいですね。

レクサスの英語講師は、医学部受験のために英語を学ぶ際には文法が必要 であると考えています。 日本人が受験英語を学ぶときは、幼児が母国語を学ぶときとは異なったアプローチが必要です。 そのために大切なのが文法を学ぶこと、だそうです。

医学部入試では、医学関係の文章や自然科学系(いわゆる理系) の文章が多く出題されます。 自然科学系の文章は文学的な文章とは違い、シンプルで読みやすいことが特徴です。 基本的な文構造を理解できるような文法の知識があれば読むことができます。

文法を学習すると、文法問題を得点するだけでなく、読解問題の得点力を上げることができます。 さらに、自然科学系でよく使われる語彙を身に着けることで、確実に読解できるようにする そうです。

レクサスでは文法や長文、英作文をすべて有機的に繋げて学習します。 また、単語や熟語のテストを行い語彙を増やします。

このようにして基礎力から実践力まで身に着けます。

レクサス教育センターでの学習目標まとめ

学習目標

学習内容、指導内容と共にとても良さそうですが、 学生がサボれない環境であるのか ということが予備校で学習するにおいて重視するべき項目でもあります。

レクサス教育センターでは、毎日12時間勉強させる!といっていますが、 自分の力のみで毎日勉強できていたら浪人はしませんよね。

また、医学部受験は内容も難しく倍率も大変高く、精神的に参ってしまう受験生もいると思います。 そんな受験生に寄り添って指導してくれるような予備校だといいですね。

個人的には、そういうメンタル面のサポートが最も充実しているのは武田塾だと思います。

▲ このページの先頭へ