医学部受験予備校「レクサス教育センター」まとめてみた

レクサス教育センターの指導や講師に関する特徴や評判

学習、講師

国語

レクサス教育センターが重視しているのは「国語」だそうです。

レクサス教育センターは、理系の学生であっても、 医学部や東大に合格するためには国語力が必要であると言います。 論理的に正しく、構成もしっかりとした文章を書けることが大切だそうです。

レクサスによると、国語力とは国語の試験問題を解くための技術ではなく、論理的思考力と、 その思考を理解し表現するための言語能力です。

レクサスでは、「難関大学合格に必要な国語力を鍛えます」とHPなどで謳っています。 国語力の基礎を重点的に指導しているからなのでしょうか、超難関大学の医学部へ現役合格させた実績があるようです。

レクサス教育センターの講師は、受験指導を長く続けてきたベテランの方が多いそうです。 あやふやな知識を見抜き、確実に実力をつけると宣伝しています。

とても魅力的ですが、本当にそうなのでしょうか?ネットの口コミや評判はどうでしょう。

レクサス教育センター ネット口コミ

950 名前:名無しさん [2015/01/03(土) 10:20 ID:gS6DeLYQ]
ここは人気があるね。
授業内容、夜間指導が理由でしょうか?

981 名前:名無しさん [2015/02/07(土) 19:10 ID:afGAQ942]
AとFは、レクサスの実力テストで決まる。
A受かる見込あり。Fは、受かる見込なし。
はじめAにいても、こいつ落ちるなって人は、F行きになる。
高卒は、ここ3年平均すると100人くらい。人が結構いるので、生徒に目が行き届いていないのが現状。
生徒の意見とかは、一切取り入れてくれない予備校です。
各科目の先生は選べません。実力テストの点数によって決まる。
酷い先生は、本当に酷いからな。

(http://study.milkcafe.net/test/read.cgi/medical/1365133887/l50から引用)

レクサス教育センターの学習と講師のまとめ

医学部

利益を重視するあまり生徒を多く入学させたものの、生徒に目が行き届いておらず、 先生を生徒が選べないというのはどうなのでしょうか。

医学部受験は、とても辛いものです。 もちろん受験生一人だけではで合格できません。 同じ医学部合格という目標をもつライバル快適で安心できる生活環境を提供する親御さん丁寧かつ熱心に指導してくれる予備校または学校そろって始めて上手くいくものだと思います。

もし生徒が医学部受験などで不安なことがあった時、予備校講師などに気兼ねなく相談でき、 そして親身なアドバイスが出来るような雰囲気の予備校で勉強したいと思いませんか?

また、良い先生もいらっしゃるようなので、講義や指導を上手に使っていくことが大切 だと思います。 もし合わなかったら辞める、講義を減らして他の予備校などとダブルスクールするという手もあります。 途中で辞めて別の予備校に入りなおすと、授業がすでに途中まで進んでいて困りそうですね。

そのような方には、武田塾のような自習中心の予備校がおすすめです。

▲ このページの先頭へ